自由形スピードアップ・プログラム(佐藤久佳)の評判の評判

短時間でクロールが速く泳げるようになる元日本記録保持者の佐藤久佳式自由形スピードアップ・プログラムの評判をお伝えしています。

自由形スピードアップ・プログラム(佐藤久佳)の評判・水中での姿勢

自由形スピードアップ・プログラム(佐藤久佳)の評判・トップイメージ

クロールでは、体が沈んでしまうことも多いです。

体が沈んでしまうのは、下半身が沈んでしまう事が原因となっている事が多いです。

下半身を沈ませないためには、水中の姿勢が非常に大切です。

姿勢を維持するコツがわかり、スムーズに泳げるようになります。

続きはコチラ ⇒ 自由形スピードアップ・プログラム

スピードが落ちない効率的な泳ぎ方が出来るようになります

失速せずにベストな状況で泳ぎ切れるように肩や肘を柔らかく使います。

上半身を上手く使い、水の抵抗を減らすフォームを理解出来、実際に自分で出来るようになります。

スタミナに不安のある方でも、後半でスピードが落ちない効率的な泳ぎ方が出来るようになります。

続きはコチラ ⇒ 自由形スピードアップ・プログラム

手の動かし方と脚の動かし方が非常に詳しく分かります

特にお腹を中心として、上手な水中での姿勢がキープ出来るようになります。

後半になったところで、スピードダウンしないようにするために必要な効率的に水をとらえる為の手の動かし方と脚の動かし方が非常に詳しく分かります。

続きはコチラ ⇒ 自由形スピードアップ・プログラム

自然と前を見る事が出来るようになります

お尻の大きな上下動も後半で失速する大きな原因となります。

お尻の大きな上下動を防ぐためには、目線を前に向ける事がとても大切です。

また、目は前をみるようにするための首、顎の使い方が良くわかりますので、自然と前を見る事が出来るようになります。

続きはコチラ ⇒ 自由形スピードアップ・プログラム

自分のフォームに自信が持てるようになります

究極的な自由形のフォームとしては、体幹とストロークとキックはすべて連動している事を勉強します。

ここまでは、手と脚はそれぞれについて説明されていましたが、ストロークとキックがすべて連動した一連の動作に集約する練習方法が詳しく説明されていて、とても良くわかります。

さらに、自分の実際のフォームを確認することもとても大切です。

確認するために、シュノーケルを使います。

シュノーケルを使う方法がとても良くわかり、自分のフォームを十分に確認できるので、自分のフォームに自信が持てるようになります。

続きはコチラ ⇒ 自由形スピードアップ・プログラム